風とおし***

シンプルに暮らす。。。

届いた春***

 

今週の火曜日のメニューは

鶏のガーリック塩ペッパー焼き

厚揚げのアラ&チーズ焼き

サラダ

味噌汁

 

 

そして切り干し大根。

作っていたことを忘れていました。

ちゃんと思い出して頂きました。

ごちそうさま。

 

 

島根に住む妹から届きました。

えんどう農園さんの苺。

紅ほっぺにあきひめ、よつぼし。

いろんな種類の苺が入ってる。

自分たちの為に苺を食卓に出すということが

なかなか出来ていなかったのでとても嬉しい。

真っ赤な姿は可愛いらしいし見ててしあわせな気持ちになれます。

冷蔵庫に冷やして明日の朝食に頂こう。

 

 

ブランデーケーキ

ドレッシングに蜂蜜。

島根の美味しいが詰まった甥っ子の大学入学内祝い。

いつもチョイスがお洒落です。

 

 

万花蜜~<万葉の夏>

7、8月の夏の花の蜜からできた蜂蜜。

万花蜜は名前の通り

一種類の花から集めた蜂蜜でなく

ミツバチが季節ごとに咲く様々な自然の花から集めた蜂蜜だそうです。

 

 

 

朝からトーストが美味しすぎる。

 

出勤の早い夫は朝5時半に朝食をとります。

いつもは喉を通らないトーストがサクサクと食べることができるようで

『蜂蜜塗ったら美味いな』と。

〜ほんとにそう思う〜

有り難いです。

 

 

 

島根県は茶道が盛んで和菓子屋も多くあります。

御菓子司浮布本舗さつだやさんが作るブランデーケーキ

その中でも王様のような品格があります。

<ブランデーの苦みがまろやかな味に変わる美味しい食べ頃は24.3.12からです>

丁寧な食べ頃お知らせがまたいい。

 

 

お酒は呑めませんが

お酒って呑めたら美味しいのだろうなあと感じることができます。

スフレチーズケーキのような食感で

ふわっとブランデーの香りがする。

薄めにカットして少しずつ頂きました。

最高です。

島根に行きたくなりました。

 

 

      ********

 

 

春はどこへやら。

気持ちの良い季節があっという間に過ぎてしまいそうな勢いで

夏のようなお天気が続いて小さな畑もいっぱいいっぱいに。

今日は風が強くて

背の高いお多福そら豆が倒れそうでした。

 

 

花が咲き枯れて実がなり始めました。

初めて育てるお多福そら豆。

ちゃんと実ってくれるかな。

 

 

レンガ畑に植えていたじゃがいも~アンデス

なかなか芽が出なかったのですが

やっと姿を現してくれました。

お~待っていたよ、アンデス

野菜たちがぐんぐん育って嬉しいけれど

収穫を待っていると夏野菜を植えるスペースが確保できなくなりそうで

少し悩み中です。

 

 

去年我が家に新入りしたピンクアナベル

こちらも芽が出始めました。

紫陽花のおまじないの頃に花を咲かせてくれますように。

水やり忘れないようにしたいと思います。

今日もお疲れさまでした。

 

燻製の日々***

 

    ~智子’sセレクション~

 

五郎さんに随分と影響を受けております。

火曜日のメニューは鶏ささみの燻製がメイン。

その他にチーズ、ウインナー、ナッツを一緒に燻製に。

ミニサラダ。

ワカメと新玉ねぎの味噌汁。

厚揚げのアラとチーズ焼き。

白菜の浅漬け。

平日はいつものようにひとり孤独のグルメを観ながら夕飯を頂き至福の時を過ごします。

五郎さん最高なのです。

 

 

燻製にはまってから食事が一段と愉しくなりました。

いつもナッツはチョコレートと一緒に珈琲と頂きますが

こうやって燻製にするとまた違った風味を愉しめます。

今週のメニュー。

土 燻製とシュクメクリ

日 塩鯖の燻製とひじきの煮物

月 お好み焼

火 鶏ささみの燻製、厚揚げのアラとチーズ焼き

水 ハンバーグ

木 麻婆豆腐、玉子スープ

金 肉じゃが

燻製率高し。

しばらくこんな日が続くような気がします。

燻製の日は

作る過程も愉しくて自分が元気になるのがわかります。

この春感じたこと。

子供たちは自分で自分の世界を広げ人生を愉しみながら進んでいる。

自分たち親もそうありたい。

小さいことだけれど

燻製もそのひとつ。

日々に小さな楽しみを見つけながら豊かな時間を過ごしていこう。

春が来ていろんなことに挑戦したい気持ちです。

 

 

お多福そら豆の花が枯れて実になり始めました。

収穫が待ち遠しい。

 

『あとで』はなし***

 

 

先日読んだ『おとなになってはみたけれど』より。

大事な人との別れがあり自分の最後はどうだろうかと考えるようになったと。

〜今日を生きるが現実になってきた〜

娘が高校生になり、わたしの大事な人が亡くなったことも理解できる年になったので

思いつくことをその都度、話をしておくようになった。

『あとで』はなし。

いつなんどき、どうなるかわからないから、

そうなったときに困らないようにと

お金のこと、家のこと、お葬式のこと、お墓のこと、

大切にしている身につけるものなど、とにかく話しておこうと思っている。

筆者の飛田さんのこの『あとで』はなしの心が響く。

 

最近私も息子と娘に敢えて言わずにきたことを

受け止める事ができる年齢になってきたなあと感じて

ぽろぽろと話している。

笑いながら話したり、真剣に話したり・・・etc。

実際に話をして知ってもらうと楽になる。

隠すと変に違う解釈をして気持ちにすれ違いが出たり

それを軌道修正するのに無駄な労力がいる。

そんな時間が勿体ない。

それなら素直に伝えておこう。

年々時間が有限であると感じているのでそうしている。

今のところ話すことはいい流れだなと感じている。

 

 

 

 

 

今日のメニュー。

あなご丼。

小鉢に切り干し大根、さつまいもの甘露煮。

ワカメの味噌汁。

今週のメニュー。

土 アボカドとサーモンのユッケ丼

日 鯛の煮付け

月 ガーリックトンテキ

火 あなご丼

水 カレーライス

木 いなり寿司

金 ランプステーキ

週末の買い出し習慣が続いているおかげで

<今日の晩ご飯何にしよう>と悩むことがなくなったので

仕事が終わり家に帰るまでの時間がスムーズ。

決まったメニューを作り

ゆっくり夕飯を食べて

~あ~今日も一日無事に終わった~とひとり安堵する時間がもてる。

幸せだ。

 

 

いつものウォーキングコースも

春です。

 

青で祝う***

 

青で祝う気持ちがシンクロして。

親としての役目をひとつ終えたこの日

サプライズの花束を見て

同じ思いに嬉しく

うっすらと

バトンタッチの時が近づいているんだなあと。

こうやって親と子の関係は

変化しながら繋がって成長していくのだと思う。

    ******

 

 

   豆腐田楽。

息子がお世話になっているおばあちゃんお勧めのお店。

『お母さんたちが来たら連れて行ってあげて欲しい』と予約してくれていた。

 

    鮎の塩焼き。

いかにも岐阜らしい料理。

岐阜市の北外れのトンネル脇にある田楽料理と鮎料理のお店かじか。

近くには長良川が流れ

お店の雰囲気が懐かしく落ち着く。

息子は時々このお店に来ているらしく

お店の方と談笑している。

この地で暮らしてきた様子が傍で見ていて伝わる。

親はいろんな思いで心配しながら子たちを送り出してきたけれど

しっかり自分の世界を広げて逞しく育っていくものなのだなあと。

 

         ******

お母さんここまで育ててくれてありがとう!
おかげで大学卒業する事ができました。
後2年、立派な社会人になれるように頑張ります!!

           ******

 

 

息子からのラインが届いて。

こちらこそありがとう。

どういたしまして。

どうぞどうぞ

遠慮せず頑張ってください。

お母さんたちも

その姿を見れることを楽しみに

元気でいれるように努め

また頑張っていきます。

 

 

 

  娘のネイルチップ。

 

息子の卒業式を無事に終え

娘のマンションで一泊お世話に。

ドアを開けるとふわっといい香りがして

至るところ綺麗に整理されて気持ちがいい。

今までにない成長を感じる。

『どの入浴剤がいいかな』と

お風呂の入浴剤を見せてくれたりして。

 

 

〜どれでも嬉しいよ〜

おもてなしの心も育ってる。

娘がお風呂場で入浴剤をかき混ぜている姿がかわいいな思う。

ありがとう。

お布団を敷いてくれたり

髪のセットをしてくれたり

お母さんの知らないことを色々教えてくれる

頼もしい娘。

これからも頼りにしてます。

 

 

『小さいけどこれ使って』と
娘が出してくれた座布団がかわいらしい。

 


娘がお母さん使ってと手渡してくれたもの。

パックとフェイシャルクラブ

そして大学から頂いた奨学金

駅まで送ってくれさっと手渡してくれた。

お小遣いを私の方が渡してあげないとと思っていたのに…。

〜ありがとう。。。頑張ってくれて〜

ちゃんと貴女の為に使えるように置いておきます。

      *****

 

子供だなあと思っていたけれど

数日一緒に過ごして交わした

言葉のひとつひとつに

逞しさと優しさを感じて

家を出て学ぶことに価値があったなあと。

 

 

 

あっという間に大きくなってしまった二人。

 

 

この子たちと

一緒に過ごせる時間がすごく楽しかった。

この貴重な時間を作ってくれた

父と母に感謝。

 

 

  父が新しい門出を祝って用意してくれたケーキ。父らしい。

妹たちと愉しく切って皆で美味しく頂いた。

有難いなあ。

 

週末から泊まる宿が

くるくる変わって忙しい日が続いたけれど

その都度

ありがとうの気持ちをもらえて元気になった。

さ。

明日からも頑張ろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレスフリー***

  ~KOCOTA 縮まないベランダサンダル~

 

ベランダ用のサンダルをやっとこさ見つけて買いました。

 

夏の暑さのため縮んでしまったり

雨が降ったあとは水が溜まってすぐ履けなかったり

歴代のベランダスリッパは次々と姿を消していきました。

これというものに出会えず

しばらく玄関で使っているスリッパをその都度持っていき使うという

面倒なことをしていました。

あ~ストレスフリー。

これが意外と履き心地が良くて。

ベランダに出す前にリビングでパタパタと歩くのが気持ちよかったこと。

~家用にしようかな~

 

 

自分の中の小さなストレスを無くしていくことって大事だなと思います。

 

 

今日のメインは鶏胸肉ごま甘酢あえ。

 

今週のメニュー。

土 焼きそば

日 肉団子のトマト煮

  新玉ねぎの漬け

月 ししゃもの生姜煮 

  ひじきの煮物

火 鶏胸肉ごま甘酢あえ

水 大根と牛肉の甘辛炒め煮

木 スープカレー

金 未定(移動を伴うので)

 

三ヶ月ぶりに美容院へ。

そこでのお話。

高速道路が苦手だと話したら

『自動運転技術が進んでいるから

きっと運転できるようになりますよ』って。

美容室のお店の方が

高速道路の運転が年齢と共に怖くなってきていたけど

自動運転の車に乗るようになってから

気持ちが楽になって、また運転出来るようになったと

教えてくれました。

す、素晴らしいじゃないか⤴⤴⤴

 

『次回買い替える時は是非』と。

人に頼らずに自分一人で何処へでもいけるようになりたい。

その夢を叶えることが出来るかも。

高速道路の運転に得たいの知れない恐怖を感じてしまう自分。

甲子園には魔物が居ると言われるけれど

自分にとっては

高速道路には魔物が居る。

普段通りに運転が出来なくなってしまうストレスがあって。

ずっとずっと克服したいと思いながらずるずる来てしまっていたので。

心がぱっと明るくなりました。

〜これでひとつストレスがなくなるかも〜

乗ってみないとわからないけれど

希望がひとつ見えました。

希望が見えるってなんて素敵なんや。

 

 

叶っていなくても***

今日は麻婆豆腐。

大蒜と生姜たっぷり刻んで入れてみた。

ピリ辛で美味しい。

身体があったまる。

帰りが遅い夫の分は

食べる直前にとろみをつけるので

よけておく。

 

今週のメニュー。
土 チキンのガーリック煮込みシュクメクリ
日 野菜炒め 卵スープ
月 大根と牛すじの煮込み
火 麻婆豆腐 
水 サムギョプサル
木 キーマカレー 
金 鮭のホイル焼き

週末にまとめ買いの習慣。

決めたメニューを作るようになって

毎日の悩みがひとつ少なくなって平和。

そしてひとり早めに夕ご飯。

孤独のグルメを観ながら至福の時。

この時間に癒されてる自分がいる。

今日も一日頑張った。

お疲れ様。

 

 

希望順は

6-3-2-5-1。

息子の第一希望の6をおさえることできた。

3月は入れ替わりの時期。

空いてて良かった。

レトロ感たっぷりのこの雰囲気に

小さな古い車が似合いそうだ。

今日は雨。

寒さを感じる。

こんな日にきっと役立ってくれると思うと

嬉しくなる。

ずっと出来ずにいたことがやっと現実になるって

本当に心の重みがとれるのがわかる。

すっと軽くなる。

 

良く考えると自分たちは

〜欲しがりません勝つまでは精神〜

がずっと続いていて

叶えたいことが

まだまだいっぱいで。

あれも、これもと出てくる。

でも

叶っていなくても

叶えたいことがあること自体

幸せなことなのかもなあと。

さぁ、頑張ろうという自分になれるのも

まだ叶っていないからなのかもしれないし。

そこに向かう自分はやっぱり元気なような気がする。

さあ。

明日も頑張ろう。

 

 

金沢おもてなし***

 

    金沢駅

 

~金沢は雨や雪が多いため

『駅を降りた人に傘を差し出すおもてなしの心』をコンセプトに誕生した~

もてなしドーム

綺麗やなあ。

見てみたいなあ。

夫が見せてくれた写真を見てすぐ思いました。

それもそのはず。

金沢駅は世界で最も美しい駅14駅のひとつに選出されているそう。

日本のいいところここにもあり。

今度はゆっくり旅行で行きたいなと夫。

~少し落ち着いたらまた小さな旅計画しよう~

 

 

 

 

お土産のお勧めをいろいろ教えてくれた

石川県の職員の方から 

北陸のソウルフード

紙袋に入った姿があたたかいです。

 

 

応援職員に気遣いのお土産を手渡してくれた気持ちが有り難いねと。

 

 

 

スーツケースと綺麗に詰められたお土産袋を手に帰宅の夫。

お疲れさまでした。

初日は気疲れと要領をつかむのに少ししんどそうでしたが

いろいろな思いの中無事職務を終えれたようで良かった。

四月からも残留が決まり

この三月はまた忙しくなると。

いつも貰ってばかりなのでと

職場にお土産。

小分けされていて

デスクにもそっとおいて置くことができて

嵩張らないもの。

どんなのが良いかな。

食べたことはないけれど

なんとなく良さげで惹かれたもの。

 

 

銘菓くるみ。

人に差し上げるものは

自分が美味しいと思えるものがいい。

気持ちとてもわかる。

『味見して買いたかったんやけど出来なかったから』と夫。

 

 

 

味見用に買ってきたものを

珈琲と一緒に頂きました。

あっさりとした餡に胡桃がアクセント。

 

 

これならいいね。

包みも上品で私的には気に入っています。

 

 

 

 

『このお茶は絶対にお土産に』と

地元の職員の方にお勧めされたお茶。

献上加賀棒茶。

 

 

 

 

名前の通り茶葉が棒状。

ほうじ茶のような香りで

すごく呑みやすかったです。

 

 

おみやげに是非と勧められた中田屋のきんつば。

うっすら薄焼きの皮と

餡の甘さを引き立てる塩加減。

塩って重要なのだなあ。

塩分控えめの食生活をしているから

すごく感じます。

 

 

 

 

美味しい。

さすが菓子文化に恵まれた金沢という感じがします。

 

 

夫の出張中

息子から連絡があり

卒論も無事合格を貰えそうだと。

研究をしながらの論文がなかなか大変だったようで。

離れていてもなんとなく様子が伝わってきていたので

本当に嬉しかった。

乗り切ってくれてありがとう。

四月からお互いにもう一踏ん張りしていこう。

節目に親子の大事な会話をすることが出来ました。

〜もう貴方も大人やものね〜

そんな風に感じることがあります。

 

四月からのステージを

社会人になるための準備として

彼がしっかり進めるように

親として出来ることをしていこう。

もうその役目も少しずつ無くなってきていることも確か。

 

〜寂しいような嬉しいような〜

なんとなく気持ちが軽やかです。