風とおし***

シンプルに暮らす。。。

歴史旅***

      

       岐阜公園内で菜飯田楽が食べれる茶店

                         『木の芽でんがく処 むらせ』

                 すごく癒やされる空間でした。

 

    ********

 

 

      今年の夏フル活用した娘の仕事着。

      よく頑張りました。

      『また来るから』と置いて行きました。

大学に入って初めての夏休み。

塾講師のバイトの為ずっと帰省していた娘。

元々インドア派の彼女は

家に居るのが好きらしく

もう一度夏休みが始まった頃に戻って欲しいと言いだしたりして・・・。

夏の終わりは誰でも、物淋しくなるもの。

親って

ちょっとしたそんなひとことが

気になったりするものです。

大丈夫。

またすぐ一人暮らしのリズムを取り戻すよ。

 

振り袖でも見に行こう。

再来年に成人式を迎える娘。

私にしては早めに動き出したつもりでしたが

ここにしようと思っていたお店が着付けがもう予約でいっぱいでした。

なんてこと・・・残念。

今は高校三年生で振り袖を選び着付けやヘアセットも一緒に予約が主流だそう。

気を取り直して

ずっと熱心に電話がかかってきていたお店に連絡。

感じの良さに一度行ってみようと出かけました。

色とりどりの振り袖がずらっと並ぶ中

彼女が選んだ素朴な振り袖。

真っ黒な髪にちょうどいい感じ。

心配していた下駄も足の大きな彼女に合うサイズがあって、ほっ。

<ひとつ心配事がなくなった>

と娘が嬉しそうなのが良かった。

この着物に袖を通す姿を見る愉しみが出来ました。

     ******

娘を無事マンションに送り届け

今度は息子のいる岐阜へ車を走らせました。

娘の帰省に合わせ来宅していた父と母。

いつか父と母を旅行に連れて行ってあげたいと思っていても

なかなかできないもので。

今の自分たちにできる事は

孫のところに連れて行ってあげることならできる。

宿は息子と娘の住むマンション。

そこで寄り道をしよう。

ちょっとした旅気分も味わえるはず。

岐阜に来たなら先ずは岐阜城へ。

ぎふ金華山ロープウェー

久々に乗るので

妙にどきどきして緊張しました。

 

岐阜城

織田信長の天下取りは岐阜城から始まったと言われているそう。

小さな城でも

名の通った城主がいたのだと思うと

見る目が変わりなんだかぞくぞくします。

長良川が見え見渡す景色が素晴らしい。

360℃パノラマ。

一面を見渡せるるこんな高いところに城を築いた昔の人は

すごいと単純に思いました。

普段家にこもりっきりの母が頑張って歩きました。

父は毎朝健康のために歩いているけれど

母は持病もあり

なかなか歩くことも億劫になりがち。

でも

お母さん

たまにはこうやって歩こう。

歩けるうちに

頑張って歩こう。

 

1582年の本能寺の変

歴史では習ったけれど

気にした事がなかった私。

織田信長が備中で毛利氏と戦う羽柴を応援するために立ち寄った

京都の本能寺で家臣の明智光秀に襲われ自害した事件。

織田信長の遺体が未だ見つかっていないこと。

それにまつわるエピソードなど

想像が膨らんで歴史と言うものに急に興味が沸いたりして。

寄り道旅が歴史旅になったような気分でした。

岐阜城を堪能した後は

でんがく処むらせへ。

 

よく歩いて程よい疲れの中

あっさりとしたうどん定食を注文しようかと悩んでいたら

『正直うどんは何処でも食べれますが

せっかく岐阜にお越しになられたのなら

田楽などどうでしょう?』

お店の方のひとことで

味噌おでん定食ととうふ田楽に決定。

これが美味しかったこと。

見た目はこってりしていますが

食べるとあっさりとして美味しい。

あっという間に食べてしまいました。

ご当地グルメを愉しむのも旅の醍醐味。

お店の方のアドバイスに感謝。

美味しく食べた後は

岐阜大佛がある正法寺へ。

うつむく大仏を真下から見上げると目を合わすことができます。

大きな仏像に優しく包み込まれる思いがして

いつまでもそこで眺めてたい気持ちに。

来て良かった。

何度もそういう母。

喜んでくれて良かった。

こんな寄り道旅ならまたいつでもしよう。

父と母をいつも気持ちよく迎えてくれる夫に感謝。

運転お疲れさまでした。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 青木 智子/TomokoAoki (@sorahaao)

縁のあるもの***

ここ最近で嬉しかったこと。

移植した後、

葉が一度全部枯れてダメかもと思っていた

百日紅がもう一度芽吹いてくれたこと。

毎日欠かさず水だけは与え続けて良かった。

こんな小さな緑の葉に

自分がすごく元気をもらえていることを実感。

鳥か何かが運んできた零れ種で

ぽっと芽が出たこの百日紅

縁があれば真夏の移植にも耐えれるかもと

思っていた。

縁があったのだ…きっと。

大切に育てようと思う。

毎日少しずつ成長するこの姿が

可愛くて仕方ない。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 青木 智子/TomokoAoki (@sorahaao)

 

 

感謝の日***

喜んだり、悲しんだり、怒ったり、驚いたり・・・etc

いろんな感情を自分で感じれることがとてもしあわせだなと思う。

 

そういうことが感じれなくて

生き辛くなった時期もあったことが嘘のように

今、本当に平凡に普通に暮らせていることがとても有り難い。

今年も無事誕生日を迎えることができた。

私は子どもの頃から誕生日が好きで。

子供の頃

父が画用紙に妙にリアルな似顔絵を描いて飾り付けをし

音楽を流してくれケーキやお寿司でめいいっぱい祝ってくれたことや

友達たちがサプライズで誕生日会を開いて祝ってくれた思い出があって

こんな大人になった今もなんだか心が踊ってしまう。

友人たちからの贈り物。

<誕生日に開けてね>

と手紙がついていたのでずっと仏様に供えていた。

保育園からの友人の贈り物。

彼女はずっと頑張り屋さん。

『元気でおってよ』といつも心配してくれる彼女の方が

身体が折れそうなほど細く

私の方が

『元気でおってよ』と心配する。

長く会えて居ないけれど

頑張っている様子で何より。

また会いにきてくれるみたい。

それまでお互い元気でいましょう。

 

いつも手紙や葉書を定期的に送ってくれる友人。

今年も彼女からの便りがポストに入っている度に元気を貰えた。

<お誕生日おめでとう>

の熨斗紙がついた誕生日の贈り物。

なんだか

生まれた日が特別な感じがして好きだなあ。

バースデーカードも

はっぴぃば~すでえぃ~とぅ~ゆ~♪と

音楽が流れて一段とお祝いの雰囲気に。

なんだか嬉しい。

彼女の書く字がずっと昔から変わらなくて

可愛いまま。

彼女もずっと変わらなくて可愛いまま。

ずっと友達で居てくれてありがとう。

冷えは禁物と温活グッズを贈ってくれた友人。

彼女とは今も昔も仕事の話をしてきた。

お互い年取ったね・・・。

なのに会うといつも『全然変わらんね~』といい合ってる気がする。

血流の悪さを感じるお年頃。

でもそんな変化も笑いに変えて

一緒に乗り越えて行きたい。

ずっと健康でいれますように。

いい1日

1年になりますように。

メッセージに頷いてしまう。

本当に会えていないね。

会いたいな。

妹から届いたLINEギフト。

パリの老舗オリーブオイル専門店A L 'OLIVIERが

つくる使い切りサイズのドレッシング。

可愛らしくて使うのが勿体ない。

特徴と使い方が丁寧に書かれていて

食べるのが楽しみになる。

いつも細やかな心遣い

ありがとう。

 

しばらく幸せの余韻に浸っていよう。

 

*****

 

夫が買ってくれていたケーキ。

飾り付けが可愛くて

娘と一緒に喜んだ。

私も娘も食べることができる生クリーム少なめの

ガトーショコラケーキ。

美味しい。

とても美味しい。

美味しいものは

美味しいのだな。

 

 

家族からも贈り物を頂いた。

朝からそっけない態度だった娘が

ニコッと笑顔で持って来てくれた。

ヘアーアイロン

息子と娘がバイトをしたお金で選んでくれた。

夫もカンパしてくれたそう。

父頑張ってくれたようで

申し訳ないね。

 

私は髪のセットが苦手なので

使いこなせるか微妙だけど

頑張ってみようと思う。

この夏は娘がバイトで長い間帰省しているので

賑やかに過ごせた。

まだまだ子どもだなと思う部分もあって

いろいろ心配もするけれど

大人になっている部分もちゃんとある。

元気に彼女らしく成長してくれたらそれでいい。

家族っていいなと思った瞬間。

頑張ってきて良かったなと思った瞬間。

いい瞬間がたくさんあった日。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 青木 智子/TomokoAoki (@sorahaao)

www.instagram.com

前半終了そして後半へ***

息子が幼馴染の友人に

誕生祝いにと買ってきたもの。

オリオンビールのTシャツ

ハンカチ

サーターアンダギー。

私もオリオンビールのTシャツ欲しいなと

色違いを着ている息子を見て思った。

お店のおばちゃんに

『見た目は箱に入ってる方が綺麗やけど、

不細工かもしれんけどこっちの方が美味しいよ』と勧められて買ったサーターアンダギーも

なかなか旅の雰囲気がダイレクトに伝わっていいなと思う。

きっとコレ美味しいはず。

お店のおばちゃんが言うくらいだから。

誕生日をお互いに祝い合う。

覚えてくれていることがなによりも嬉しい。

ちむどんどん土産。

紅いもタルト。

息子のお土産が色々と供えられた今年の夏。

この夏最後のお下がりを皆頂いた。

オーブンでちょっと温めて食べると

ほくほくして美味しい。

ハズレがない

さつま芋は王様だなと思う。

     *****

 

無農薬の赤りんごと青リンゴを頂いた

台風で随分と実が落ちてしまったみたい。

貴重なリンゴ。

私にと収穫してきてくれたことが嬉しい。

冷蔵庫に大切にしまう。

明日の朝食で頂くことにしよう。

楽しみだ。

     ******

息子と娘が家にいる。

大学生になり前期も無事終了。

元気に精一杯頑張ってくれた様子。

大学は受け身ではなく

積極的でないといけない。

この言葉を胸に

後期もブレずに進んでほしい。

彼らの頑張りを見て

なんだか私たちも頑張ってきて良かったと

またパワーをもらうことができた。

また頑張ろう。

 

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 青木 智子/TomokoAoki (@sorahaao)

www.instagram.com

秋の愉しみ***

帰省の折の頂きもの。

鶯屋の紅茶梅酒と

オーガニックオリーブオイルとチョコ。

お酒が飲めたらきっともっと違う愉しさがあるんだろうな。

秋に友人たちが我が家に来てくれる予定なので

その時に開けてみよう。

ちょっと呑んでみたい気もする。

お酒の弱い私でも

雰囲気に呑まれて呑めるかもしれない。

 

  *****

オリーブオイルは毎日使う我が家。

毎朝トマトジュースにスプーン一杯のオリーブオイルをたらして呑んでいる。

ヘモグロビンエーワンシー。

こんな言葉が聞き慣れてくるような年齢になってきた。

年齢を重ねると健康でいるためには

やっぱりそれなりの努力が必要になってくる。

細く長く続けることが出来る自分なりの健康方法を見つけていってるところ。

YUUAN~悠卵庵。

久しぶりに帰省する私たちに父が予約してくれていたお店。

小綺麗な店構え。

お店に入ると感じのいい店主さんと店員さんの気持ちのいい

『いらっしゃいませ』。

注文してくれていた料理が

お店に着く頃には席に綺麗に並べられていた。

写真には映っていないけれど手打ち蕎麦がこのあと並ぶ。

お造りに天ぷらに手打ち蕎麦。

お造りは新鮮でぷりぷり

天ぷらは揚げたて。

蕎麦もさらさら湯がき立て。

ポイントを押さえた美味しさに

『美味しい』の言葉が自然に出てくる。

胸がすっとするメニュー。

やっぱり日本人はこういう食事が身体に合うよなと思う。

食後のデザートは珈琲と柚子シャーベット。

私は柚子の香りがするシャーベットをぱくっと頂いた後

温かい珈琲を呑んだ。

最高な気分。

ありがとう。

母。

 

この夏の帰省は仕事終わり夜遅くに家を出発。

ちょいのり保険をかけて

息子の運転で和歌山へ。

初めての遠乗り運転。

ノンストップで走ったので疲れただろうな。

お陰で目の疲れやすい夫も楽が出来て良かった。

ありがとう。

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 青木 智子/TomokoAoki (@sorahaao)

www.instagram.com

処暑***

 

8月23日火曜日

処暑

朝刊を見て

あ~夏が終わっていくなあと感じる。

今年はまた違った忙しさがあった夏。

息子も娘も帰省して家族がまた元通りになったのもつかの間

バイトが始まり

インターンが始まり

来客があったりで

バタバタと一日が過ぎるのが早いこと。

そしてまた二人がそれぞれの地に帰り

私たち二人だけの暮らしに戻った頃には

秋がやってきて淋しく感じるのだろうな。

覚悟しておこう。

 

息子の大学の友人たちが真夜中にやってきた。

『泊まらせて頂くので』

と手土産に東京ばな奈

これ大好き。

ありがとうございます。

そしてなんて可愛らしい子たちなんだろうと。

いろんなことをいっぱい話してくれて愉しい。

若い頃にいろいろ経験する方がいい。

私たちだってそうだった。

いや・・・

彼らは私たちよりずっと真面目だ。

若いっていいなの話を聞かせてくれる彼らはお弁当男子。

ちゃんとお弁当を作って大学に通っている。

そんな話を聞いて

君たち偉い!

一緒に頑張ってくれてありがとうと

何か美味しいものを食べさせたくなる。

美味しいものを食べさせたいと思いながらも

簡単なものしか振る舞えず

いつものモーニングと

毎度毎度の休日の昼メニュー

冷やし肉うどんを作る。

それでも

美味しいと言ってくれる。

今度来たときはもっと美味しいものを考えておこう。

ウチの家族と一緒に写真を撮りたいと

スマホのセルフタイマーで写真を撮ってくれた。

なんだか愉しい。

この夏の思い出にいい集合写真ができた。

 

 

来月21歳になる息子に

幼馴染みの友人が誕生日プレゼントを持ってきてくれた。

今年は帽子。

なんだか忘れないでいてくれるその心が嬉しい。

家族で帽子を愉しんだひととき。

ありがとう。

 

 

息子がどこかへ出かけて来るたびに

仏様に供えられるお土産。

奈良に香川に今度はどちらへ、ちむどんどん。

今年の夏は賑やかになりそう。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 青木 智子/TomokoAoki (@sorahaao)

www.instagram.com

 

盆休み***

盆休みがあることは有り難いです。

定期的に会っている友人とお互い休みが合い

暑気払いに食事に行ってきました。

ステーキ村岡。

コロナ渦でもすごく安心感のあるお店。

私たちの前に一組いらっしゃり

その方たちが食事を終えてお帰りになってから

料理を始めてくれました。

友人と二人貸し切り状態。

贅沢な空間です。

前菜が目に涼しく喉をす~っと通って美味しすぎます。

懐かしのひょうたんのお漬物。

目の前で調理してくれた柔らかいお肉と野菜が幸せな気持ちにさせてくれます。

お互いに悩むことがあり

会話の内容は決して明るいものではないけれど

美味しい食事を頂きながら

少しずつ疲れがとれていくような気がしました。

<悩みのない人なんてこの世にいないんだね>

<自分以外は皆幸せそうにみえるものなんだね>

<がんばろっか>

 

追加のデザート。

本当は夜の予約で使うために仕込んでいたもの。

『また夜の分は今から仕込みますのでいけますよ』

有難いことに注文を受けてくださいました。

小さなグラスにきゅっと美味しいものが詰まってる。

最高だなと思いながらゆっくりと味わいました。

 

     ********

 

    来年は蓮の葉を買ってお供え物をしたい。

    今年は残念ながら売り切れていました。

    準備が遅かった・・・。

今年のお盆は一人暮らしを始めた二人の子どもたちが

久しぶりに揃って我が家に帰省。

バイトにインターンに家に誰もじっとしていませんが

お盆は揃って一緒にお墓参りに行くことが出来ました。

シキミに水を挿しお墓の掃除をしお線香を立てて。

皆元気に過ごせました。

ありがとうございます。

また後半も頑張ります。

島根に住む妹たちや叔母さんからお供え物。

仏壇の周りが賑やかになって

お盆だなあと。

今年の夏も少しずつ終わりに近づいています。

どしょう掬いまんじゅう。

開けた瞬間がたまらず可愛い。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 青木 智子/TomokoAoki (@sorahaao)

www.instagram.com