風とおし***

シンプルに暮らす。。。

ひとつの区切り***

大学入学共通テスト。 私たち親も、娘も初めての経験。 独特の緊張感。 なんとも言えない空気の中 二日間が過ぎました。 その立場でないと理解出来ない。 本当にそうだと実感。 初めて受験生を持つ親の気持ちを 経験しました。 なんでもそうだと思います。 …

気持ち新たに***

成人の日。 なかなか落ち着かない日々が続く中 息子たちの成人式が無事行われました。 この機会を逃すともう会えない子もいるかもしれない。 だからこそ この日同じ時間を過ごすことが出来て この子たちは恵まれているなあと。 久々に見る懐かしい顔、懐かし…

お雑煮***

白味噌仕立てのお雑煮。 妹にお母さんの味を教えてもらって作った 今年のお正月。 お雑煮用の細長い大根と濃い赤色の金時人参。 そして牛蒡。 そのまま全て薄切りでまんまるなのが平和な感じで お正月らしいです。 甘辛く煮込んで味をつけ 出し汁に白味噌と…

年神さまを迎える***

産直市場の歳末大売り出しで 母が当てた『めでタイ賞』。 今受験で一生懸命頑張る娘にもきっと良いことがあってくれそうな気がすると 嬉しくて涙が出てきたと。 いつも真っ直ぐな、母らしいと思いました。 夜になり娘が塾から帰ってきたので皆で食べようと父…

気持ちよくお茶を淹れる***

急須の蓋が割れて ずっと蓋なしで使っていました。 いつもそっと湯呑みにお茶を淹れてましたが お茶っ葉がどうしても入ってしまってました。 新しい年を迎えるのに 気持ちよくお茶を淹れたいので 急須を買いました。 やっぱり本来の形である急須で淹れると変…

変わらないことより、変わることを選択する***

家中、このカーテン。 カーテンタッセル。 カーテンを購入すると、レースカーテンにもタッセルが付いてくる。 二重にタッセルは必要ないので 引っかけの部分がちぎれてしまうと レースカーテンについていたタッセルを使うようにしている。 この何にもない雰…

スイートポテト***

お砂糖控えめのスイートポテトを作りました。 今年初めて10本のさつまいもの苗を植えさせてもらいました。 忙しくてなかなか畑まで足を運べずにお手入れも出来なかったもので 出来はいまいちでしたが それでも、収穫できたことが嬉しく 少しずつ調理して頂い…

親子***

親子。 親子だから・・・ 本音を言えて、本音を言えるからこそ 真剣にぶつかり合うことができて 心から一緒に喜ぶことが出来て やっぱりその関係は有難いものだと思う。 でも、自分の子だから 自分の親だからと言って 考え方全てが一緒であるわけではなく 歯…

お客様用に***

タオルってどのくらいの周期で交換するものなのでしょう。 基本家族で使うモノですから、 我が家の場合、結構長い期間同じものを使っているように思います。 バスタオルは、乾きにくく重たい印象で もう何年も前から我が家に姿はなく 今はフェイスタオルがそ…

庭仕事のお供***

takagiのホースリール。 ヘッドの部分が壊れ ホースの劣化でベトベトしてきてました。 それでも、まだまた使えると頑張っていましたが これから車の洗車に畑、年末の掃除にと 使う機会が多くなるので 思い切って買い替えました。 ダブルリールで 蛇口側のホ…

焼きおにぎり***

焼きおにぎり。 娘に作るお弁当メニューのひとつ。 溶けるチーズが中に入ってて 温かいのが一番美味しいけれど 冷めてもいける優れもの。 学校の授業が終わると塾に直行し そのまま夜遅くまで受験勉強という生活が 春から続いている。 親の私たちは 塾弁と言…

新しい顔***

新しい顔。 17年、 17万キロ 共に走った車。 車検に行くたびに 車の購入の話を持ちかけられましたが もう2年、もう2年と車検を通してもらいました。 ここ数年は 車内に響くエンジン音が とても煩くラジオが聴けない状態が 続いていました。 最後は集中ロック…

オレンジ色の景色***

仕事帰りの景色。 夕飯の材料を買って帰ろうと 車を走らせていると周りがオレンジ色に。 なんだか優しい気持ちになりました。 毎日学ぶことがあって楽しい。 時折りいい香りが漂ってきて 浄化されているようで 有難い気分になります。 ・ ・ 〜ある元野球選…

ビオラ***

郵便局でビオラを頂きました。 『郵政創業150年 これまでも、そしてこれからも みなさまとともに』 私が窓口最後のお客だったようで 『お花好きなのですか?』と聞かれ 『はい、好きです』と答えると 『いつもは2つなのですが もう誰も居ませんし お好きな…

自分のための時間***

妹が持ってきてくれた花。 沢山頂いたので お墓参りにも行き 仏壇にも飾り 家にある一輪挿しにも飾り テーブルに置く。 百合の香りが広がる。 大きな花は 香りまで存在感があるのだなあ。 最近ふと思うこと。 今は仕事に娘の送迎にと 忙しく動いているけれど…

前に進む***

後期授業が始まる。 いつものように息子の荷物の大移動。 息子の寮の部屋。 冷蔵庫の上に キャンディーの入ったガラスの入れ物。 いつも私が家で小さなお菓子や飴玉を こうやって保存してる。 息子もそうしてるのを見て この子を育ててきたんだなあと。 少し…

茶菓子記録***

鶴屋八幡のもなか。 餡ともなかが別に包装されてて 食べる直前に合わせて頂く。 焼き皮の香ばしさと サクッとした歯応えがほんとにいい。 餡も甘すぎずあっさりと美味しい。 これは私も手土産に 使わせてもらおう。 手間かなあと思ったけれど つるんと餡が出…

子の心と親の心と**×

娘の体育会。 行こうか 行かないでおこうか 最後まで悩んだ。 思春期の娘はもう来なくていいと。 夫はそれでも 行ってあげたらいいと言う。 もう最後なんだし 今はわからなくても いつか親の気持ちがわかる時が来る。 ちゃんと貴女のこと見てるという 姿勢が…

二十歳に***

合宿免許の準備をして。 家族のグループラインのお祝いメッセージに 『みなさんありがとうございます。 早いもので20歳を迎えました! これからも体を大事に頑張っていきます』 息子からの返事。 進路も決まり落ち着いたら 車の免許を取りにいくと言ってい…

無花果***

無花果を頂いた。 今が旬のフルーツ。 初めて食べたのは 随分と大人になってから。 美味しいものって世の中に 知らないだけで 沢山あるんだ。 年々お気に入りのものが増えていく。 生きるって楽しい。 幸せだと感じるハードルがどんどん低くなってる。 それ…

秋の味覚***

バイト帰りの息子。 夜遅くに夕飯をとる。 昨日届いたピオーネを皿の端に。 すごく甘くて美味しい。 叔母からの贈り物。 難波ぶどう園 『冷凍庫で凍らせて食べても美味しいよ』と。 やってみよう。 お弁当にもいいかもしれない。 フルーツの贈り物は この季…

28歳になったら***

父が折ってくれた。 父と母に野菜を入れたりゴミ袋に使える 新聞の折り紙を教えてあげた。 そんなに難しくないけれど 手順を覚えるまでは 考えながら 思い返しながらで 時間がかかったけれど すぐにささっと折れるように。 頭の体操にもなるので 時々折って…

虹***

仕事を無事終え 車を泊めて電話で妹と話をする。 知らない間にしっかりしてきたなあ。 私の方が姉なのに ん?私が妹か?という感覚に。 上に生まれた人間は 勝手に大事に育てられ 甘く温室育ちになるものなのか。 少なくとも私の場合はそうである。 子は育て…

お正月に向けて***

お盆が繁盛期。 4月から働き始めて 初めて忙しく走り回る時期を経験しました。 私はこういう事も好きなんだなあと。 毎日が発見。 楽しい職場です。 少しずつ仕事の流れを覚え 乗り越え方がわかってくると 自信がついてきます。 小さな自信を少しずつ積んで …

贈りものday***

仕事から帰ってくるなり 宅配便。 妹たちから 暑中御見舞いの梅干しと 夫にTシャツとタオルの贈りもの。 玄関先にはお友達が収穫した夏野菜を届けてくれていて 今日は贈りものdayだなあと 嬉しくなりました。 ポストには 先日何処かで落として無くしたと思っ…

ヒイカ***

一見地味で精進料理っぽいですが ちゃんとお魚が入っています。 お野菜が少なくて反省の夕ご飯。 『スイカいるか?』 仕事帰りに会社の近くに住むおじさんに 声をかけられ スイカ好きの私は喜んで 『いいんですか?ハイ!』と 返事をしました。 近づくと 小…

おまかせで!***

前期期末試験の補食を送る。 夫とこれにしようか あれにしようかと 一緒に選ぶ。 カップ麺はあまり食べないようにしてると 言ってたっけ? 少しだけ入れておこうか。 オロナミンCも入れておこう。 リクエストは?と聞いたら おまかせで!と返事が来たから あ…

繋がって自信になる***

畑の草引き。 夏場はびっくりするほど草が成長して ジャングルのようになる。 今まで畑の師匠が毎日のように手入れを してくれていたから 美しい畑が見れていたんだなあと感じる。 畑の師匠。 早く体調良くなってくれますように。 より理想に近い靴を選ぶた…

頑張ってきた姿***

息子がサッカーを始めたのは 小学二年生の時。 なんだかんだとサッカーは辞めずに 続けてきました。 楽しいばかりじゃなかったし 中学時代は伸び悩んで 歯がゆく苦しい時が続いて…。 続けていけるのかなとも心配もしました。 親が決めるのではなく本人の意思…

始める***

友人が勧めてくれた本。 図書館に行き先ず読んでみよう。 自称宣伝部長でも何でもいい。 自分の心が楽しいと言うことがこんなに心地いいのだと感謝して。 そして会社で私のデスクにポンとおいてくれていた本。 3冊置かれていたけれど 先ず自分が読みやすそう…