風とおし***

シンプルに暮らす。。。

ビオラ***

郵便局でビオラを頂きました。 『郵政創業150年 これまでも、そしてこれからも みなさまとともに』 私が窓口最後のお客だったようで 『お花好きなのですか?』と聞かれ 『はい、好きです』と答えると 『いつもは2つなのですが もう誰も居ませんし お好きな…

自分のための時間***

妹が持ってきてくれた花。 沢山頂いたので お墓参りにも行き 仏壇にも飾り 家にある一輪挿しにも飾り テーブルに置く。 百合の香りが広がる。 大きな花は 香りまで存在感があるのだなあ。 最近ふと思うこと。 今は仕事に娘の送迎にと 忙しく動いているけれど…

前に進む***

後期授業が始まる。 いつものように息子の荷物の大移動。 息子の寮の部屋。 冷蔵庫の上に キャンディーの入ったガラスの入れ物。 いつも私が家で小さなお菓子や飴玉を こうやって保存してる。 息子もそうしてるのを見て この子を育ててきたんだなあと。 少し…

茶菓子記録***

鶴屋八幡のもなか。 餡ともなかが別に包装されてて 食べる直前に合わせて頂く。 焼き皮の香ばしさと サクッとした歯応えがほんとにいい。 餡も甘すぎずあっさりと美味しい。 これは私も手土産に 使わせてもらおう。 手間かなあと思ったけれど つるんと餡が出…

子の心と親の心と**×

娘の体育会。 行こうか 行かないでおこうか 最後まで悩んだ。 思春期の娘はもう来なくていいと。 夫はそれでも 行ってあげたらいいと言う。 もう最後なんだし 今はわからなくても いつか親の気持ちがわかる時が来る。 ちゃんと貴女のこと見てるという 姿勢が…

二十歳に***

合宿免許の準備をして。 家族のグループラインのお祝いメッセージに 『みなさんありがとうございます。 早いもので20歳を迎えました! これからも体を大事に頑張っていきます』 息子からの返事。 進路も決まり落ち着いたら 車の免許を取りにいくと言ってい…

無花果***

無花果を頂いた。 今が旬のフルーツ。 初めて食べたのは 随分と大人になってから。 美味しいものって世の中に 知らないだけで 沢山あるんだ。 年々お気に入りのものが増えていく。 生きるって楽しい。 幸せだと感じるハードルがどんどん低くなってる。 それ…

秋の味覚***

バイト帰りの息子。 夜遅くに夕飯をとる。 昨日届いたピオーネを皿の端に。 すごく甘くて美味しい。 叔母からの贈り物。 難波ぶどう園 『冷凍庫で凍らせて食べても美味しいよ』と。 やってみよう。 お弁当にもいいかもしれない。 フルーツの贈り物は この季…

28歳になったら***

父が折ってくれた。 父と母に野菜を入れたりゴミ袋に使える 新聞の折り紙を教えてあげた。 そんなに難しくないけれど 手順を覚えるまでは 考えながら 思い返しながらで 時間がかかったけれど すぐにささっと折れるように。 頭の体操にもなるので 時々折って…

虹***

仕事を無事終え 車を泊めて電話で妹と話をする。 知らない間にしっかりしてきたなあ。 私の方が姉なのに ん?私が妹か?という感覚に。 上に生まれた人間は 勝手に大事に育てられ 甘く温室育ちになるものなのか。 少なくとも私の場合はそうである。 子は育て…

お正月に向けて***

お盆が繁盛期。 4月から働き始めて 初めて忙しく走り回る時期を経験しました。 いっぱいいっぱいになると 人というのは人間性がよく現れてくるものです。 自分も含めてそうですが、人間というのは面白い。 滲み出てきて…なるほど。 毎日が発見。 楽しい職場…

贈りものday***

仕事から帰ってくるなり 宅配便。 妹たちから 暑中御見舞いの梅干しと 夫にTシャツとタオルの贈りもの。 玄関先にはお友達が収穫した夏野菜を届けてくれていて 今日は贈りものdayだなあと 嬉しくなりました。 ポストには 先日何処かで落として無くしたと思っ…

ヒイカ***

一見地味で精進料理っぽいですが ちゃんとお魚が入っています。 お野菜が少なくて反省の夕ご飯。 『スイカいるか?』 仕事帰りに会社の近くに住むおじさんに 声をかけられ スイカ好きの私は喜んで 『いいんですか?ハイ!』と 返事をしました。 近づくと 小…

おまかせで!***

前期期末試験の補食を送る。 夫とこれにしようか あれにしようかと 一緒に選ぶ。 カップ麺はあまり食べないようにしてると 言ってたっけ? 少しだけ入れておこうか。 オロナミンCも入れておこう。 リクエストは?と聞いたら おまかせで!と返事が来たから あ…

繋がって自信になる***

畑の草引き。 夏場はびっくりするほど草が成長して ジャングルのようになる。 今まで畑の師匠が毎日のように手入れを してくれていたから 美しい畑が見れていたんだなあと感じる。 畑の師匠。 早く体調良くなってくれますように。 より理想に近い靴を選ぶた…

頑張ってきた姿***

息子がサッカーを始めたのは 小学二年生の時。 なんだかんだとサッカーは辞めずに 続けてきました。 楽しいばかりじゃなかったし 中学時代は伸び悩んで 歯がゆく苦しい時が続いて…。 続けていけるのかなとも心配もしました。 親が決めるのではなく本人の意思…

始める***

友人が勧めてくれた本。 図書館に行き先ず読んでみよう。 自称宣伝部長でも何でもいい。 自分の心が楽しいと言うことがこんなに心地いいのだと感謝して。 そして常務が私のデスクにポンとおいてくれていた本。 3冊置かれていたけれど 先ず自分が読みやすそう…

充実***

本日はロールキャベツ。 どうしても食べたかった。 仕事から帰って 台所に立ち 食べたい物を作って食べる。 平凡なことだけれど 幸せだなと思う。 家族がバラバラの時間に帰宅。 それぞれに夕飯を食べる。 それでも 幸せだなと思う。 充実しているのだ、きっ…

手紙***

最近買った柚子の香りのお線香。 火をつける前の香りがとても良いので アロマディヒューザーのような使い方をしています。 そして時々部屋で焚いたり 仏様に手を合わせるときにも焚いたりしています。 先日妹が送ってきてくれた新商品の梅を 会社でお裾分け…

深みのある人***

出会えて良かったなあと思えることって 人生の中でもそうそうないもの。 今日はそんな一瞬があって。 人の優しさに触れて 私はもっと頑張りたいと思って 恵まれていることに感謝した日。 自分で選んで進んでいくことの 大切さや 選んだ道は 楽しいと言う事。…

ここから始まり***

6月1日午後12時。 入学者選抜試験結果発表を 小さなスマホの画面で見る。 息子の受験番号を見つけ ほっとする。 確か4年前もこんな感じだったなあと思い出す。 試験から10日程しかなかったのに 長く感じた。 今まであまり緊張するところを見せたことがない息…

母が好きだったもの***

仕事から帰ってくると ピンポンとチャイムが鳴りました。 声を聞くと裏のお家の方です。 『無事に四十九日が終わりました』 と、ほっとした様子。 葬儀の際はお参りしてくださって ありがとうごさいましたと 茶菓子を届けてくれました。 白菊の花。 お上品な…

一生勉強***

新しい仕事も今日で1ヶ月が経ちます。 少しずつ流れが見えてきて きゅっと肩に力が入っていたのが 自然と取れてきているような気がします。 この歳になって 言葉の使い方 礼儀作法に 教養全般…etc。 ずっと甘えて生きてきたんだなあと。 自分で真剣に勉強し…

惹かれる色***

お昼休憩の散歩道で 黄色の薔薇を見つけた。 ぱっと目を引く。 我が家にはそう言えばこういう色がない。 最近頂く花は 明るいオレンジ系が多くって。 ビタミンカラーって 元気が出るものだなあ。 母の日。 日傘にしようか いつも使っているヘアーバンドにし…

子供の日と立夏***

今年のGWは とてもゆっくりと充実した時間を過ごせました。 最終日の今日はあいにくの雨。 残念ながらルーティンのウォーキングに神社詣りは 出来ませんでしたが 家の中を整える 本を読む ピザを焼くなど ひと通りしたいことをすることが出来ました。 少し自…

開拓***

お昼休憩の散歩道。 この階段を登れば春には桜がとても綺麗に見える景色が広がっているらしい。 わからないけど楽しい。 今の自分の気持ち。 一日一日が新鮮で 前に進んでいる感じがしていい。 自分を開拓していくのって いいものだなと思う。 まだまだ全然…

新しい弁当箱***

新しいお弁当箱を買いました。 娘とお揃いで 少し大きめのものを。 蓋を開けると キラキラして綺麗です。 新しいことを始めることは勇気が入りますが 一歩踏み出すと やっぱりいいものです。 しない後悔より する後悔の方がいい。 私の再出発の日は大安快晴…

三度目の***

北海道から信州、そして三重と 目的地も内容も変わりながらですが やっと実現できた 娘の修学旅行。 高校生活。 思ってもみなかった事態で いろんなことがなくなってしまい 淋しい学生生活であったけれど 先生方の 粘り強い頑張りもあって 今回良い思い出が…

良い距離感***

ご近所さん。 いつも野菜や花の育て方 子育ての話など 良き人生の先輩として お付き合いさせてもらってました。 去年の暮れに会話したのが最後でした。 娘さんがずっと嫁ぎ先から 帰ってきていて いつもと様子が違うことが気がかりでした。 大したことはでき…

桜の木***

息子と 車の中で 桜の木の話をしました。 寮の敷地内にあった大きな桜の木が 新しく国際寮が建設される為に 伐採されてしまったとのこと。 根をきれいに掘り起こして また新しく植栽してくれたら桜もまた咲いて良かったのになと。 俺だったらそうすると 息子…